2ちゃんねるからアクセスされている方へ
コメント投稿上のお願い
以下のすべてを禁止します。ご協力をお願いします。 
○匿名での書き込み、名無し、通りがかり、通りすがり、(2ちゃんねる化防止のため)「タイトルを名前欄に入れる」、そのほか捨てハンドルのような名前での投稿

○メールアドレス欄に「sage」、「架空のメールアドレス」を入れること

○新聞社サイトの記事の投稿(やむを得ない場合は著作権の関係と記事の真実性を確認するため必ず出典元(とURL)を入れてください)

○名前欄に「〜〜犬郎」の使用

○管理人である☆組原理主義SAKAEを呼ぶときは必ず名前(SAKAEでも可)で呼んでください。「あなた」やそれ似る代名詞の使用はとある理由によりご遠慮いただいています。 (実は、私の苗字が希少姓のため、私のこと「あなた」呼ばわりされたことが何度もあり、それが原因で精神的に参ったことがありましたので厳守してください)

○特にJALとスターアライアンス関連の航空会社とのコードシェアの件でコメントされる際には「クラビ線コードシェア闘争・・・今までにあったコメントの中から整理します」を読んでから投稿してください。

当ブログで知り得た私の情報(特に私生活情報)を2ちゃんねる、他の掲示板に書き込んで論議したり感想を述べることは堅くお断りします。

皆さんでルールを守って最低限のマナーを心がけてください。
詳しくはこちらもご覧ください。

このブログは文字サイズ設定「小(IEの場合)」でご覧頂くことをお勧めします。

このブログはANA、他航空会社とは一切関係ありません。よってこのブログの内容を航空会社に問い合わせることは厳に慎んでください。それを守らなかったらただじゃ置か(ry、いや守らなかったことによる不利益が生じても当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。

[ANAプレスリリース]の記事一覧

SNA・ANAの提携がさらに広がり、もっと便利に!

ANAプレスリリースより

SNA・ANAの提携がさらに広がり、もっと便利に!
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-ana-sna0629.html

スカイネットアジア航空株式会社(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役社長:藤原民雄、以下SNA)と全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山元峯生、以下ANA)は、SNAが2007年9月1日(土)より就航する東京-鹿児島線(1日3往復6便)において、コードシェアを開始いたします。(政府認可申請中)
 これまで両社は、2006年4月以来、東京-宮崎・熊本・長崎線においてコードシェアを実施し、多くのお客様に好評を頂いてまいりました。
 2007年9月からは、両社のコードシェア対象便が、東京-宮崎線(1日7往復14便)、東京-熊本線(1日4往復8便)、東京-長崎線(1日4往復8便)、東京-鹿児島線(1日3往復6便)の4路線18往復36便となります。
 SNAおよびANAは、今後もお客様の利便性向上に努力を続けてまいります。

ダイヤ情報はリンク先をご覧ください。

クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 17:44 2007年06月29日 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
SNA・ANAの提携がさらに広がり、もっと便利に! [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANAと楽天トラベル「企業向け出張手配サービス」で業務提携

ANAプレスリリースより

ANAと楽天トラベル「企業向け出張手配サービス」で業務提携
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-ana-rakuten0601.html

全日本空輸(本社:東京都港区、代表取締役社長:山元 峯生、以下ANA)と、楽天トラベル(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡武公士)は、航空券と宿泊施設の国内出張手配業務に関する利便性向上と効率化により、法人契約企業の拡大を図ることを目的とし、企業向け出張手配サービスにおいて業務提携することで合意しました。これにより、本サービスでは、2007年7月2日(月)から両社が提供する企業向け出張サービスを一括提供いたします。

 今回の新サービスは、ANAの出張手配システム『ANA@desk』と、楽天トラベルの一括精算サービス『Racco』の両サービスをシステム接続することで、両社の法人契約企業が、航空券予約と宿泊予約を相互のシステムにおいて同時に手配できるとともに、後払い一括精算が可能となり、企業の精算業務の軽減を実現いたします。

 なお、本サービスは、ANAセールスのグループ会社(以下、ANAセールスグループ(※))と楽天トラベルの各法人契約企業が対象となります。

 『ANA@desk』は現在(2006年度実績ベース)、契約企業数(部署)で約20,000社、ANAの国内航空券販売額(旅行運賃除く)の15%以上を占め、既に多くの企業において幅広く利用されている出張手配システムです。また、一括精算サービス『Racco』は、日本最大級の総合旅行サイトを運営する楽天トラベルが契約する施設中、全国約10,000施設から企業支払いによる予約が出来るサービスです。

 ANAと楽天グループは両社の強みを活かした提携を順次拡大しており、今回の法人販売分野における提携は2004年7月の「ポイントプログラムの相互交換サービス」、2006年8月の「国内旅行販売における新会社設立(楽天ANAトラベルオンライン)」に続くものです。

 今後も、多様なユーザーのニーズに応える“簡単、便利”で顧客満足度の高い商品を提供してまいります。

(※)ANAセールスグループ

 ANAセールス、ANAセールス北海道、ANAセールス九州、ANAセールス沖縄の4社


これと同じプレスリリースが
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000020-maibz-ind
にでています。

クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 09:07 2007年06月05日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANAと楽天トラベル「企業向け出張手配サービス」で業務提携 [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANAとアシアナ航空は、戦略的協力関係を構築

ANAプレスリリースより

ANAとアシアナ航空は、戦略的協力関係を構築
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-ana-asiana0530.html

 ANAとアシアナ航空は、両社の戦略的な提携に合意し、お客様に満足いただけるサービスを提供するため、さらなるネットワークの拡充と相互協力を実施していくこととなりました。
 両社は、2006年12月5日(火)に戦略的提携に関する協議開始について合意し、両社のプロジェクトにおいて、数カ月の間、検討を行ってまいりました。その結果、具体的な協力内容について、下記のとおり合意いたしました。

≪主な合意内容≫
項 目 内 容
(1)株式の相互保有 取得金額ベースで1,200万米ドルの株式を各々の株式市場で購入し、相互に保有する。
(2)コードシェアの拡大 2000年12月より旅客便のコードシェアを開始し、2006年4月より貨物便についてもコードシェアを開始している。2007年7月1日(日)よりANAグループが運航する成田=ホノルル線にもアシアナ航空便名を付与する。
(3)セールス・マーケティング 将来的に、虹橋空港、金浦空港、羽田空港間で就航する便を見据えた、日中韓1周運賃の設定などのセールス強化に向けた協力を行う。
この3つの空港は、浦東空港、仁川空港、成田空港よりも都心に近く、お客様にとってより便利になる。
(4)空港 両社共通乗り入れ海外19空港(日本と韓国を除く)における費用削減とサービスの向上を含む協力体制を構築する。海外の主要空港におけるイレギュラー運航時等においてサポート体制を構築し、航空機用部品の在庫情報共有化を行う。
(5)調達 就航空港における燃油の共同調達の検討および燃料調達に関する情報を共有する。
(6)客室サービス 客室乗務員の共同訓練計画および機用品や機内エンターテイメントの共同開発を検討する。
(7)人材交流 お互いに有効とみなされる人事交流および共同訓練プログラムを実施する。


 これからも、益々便利になる日本=韓国線、ANAおよびアシアナ航空にどうぞご期待ください。



【どっちの?】クラビ線コードシェア対策総本部5月度報告【コードシェア】のコメントで「 TGが大阪・名古屋・福岡線でJLとの提携を打ち切ってNHに乗り換え。 (中略)実際そうなったら一番困るのは他ならぬANAですよね」とありましたが、ANAが迷惑を被ることは全然ありません。同じスターアライアンスのメンバーであるアシアナ航空とコードシェア強化の他様々な提携をしていくとあります。記事汚して申し訳ないですが、もうワンワールドに入ったJALなんかスターアライアンスのどこの航空会社も本当はコードシェアしても疑問視されるだけです(カンタスつながり説のあるニュージーランド航空は別として)。

ブログランキングにご協力お願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 16:48 2007年05月30日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANAとアシアナ航空は、戦略的協力関係を構築 [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ボーイング787にエレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)を導入

ANAプレスリリースより

ボーイング787にエレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)を導入
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-060.html


ANAは、2008年に世界で初めて導入するボーイング787型機にボーイング・エレクトロニック・フライト・バッグ(以下、EFB)を導入いたします。また、当該システムの習熟を図るため、2007年5月から順次導入する777-300ER型機に、日本の航空会社で初めてEFBを導入してまいります。

 このEFB は、航空機運航時の安全性や効率性の向上を図るため、コックピット内に装備された画面で電子化した運航マニュアルの閲覧や、空港など地上滑走時の自機位置の表示が可能となるフライトデッキコンピューターシステムです。従来、航空機内でパイロットが利用する情報は紙などの媒体に依存する部分が多くなっておりますが、身近になったIT技術を活用してコックピットにおいても情報の電子化が図られることとなります。なお、このEFBは、ボーイング787型機では標準装備となり、更なる安全性や効率性の向上が図られます。
 ANAは、2004年に世界のエアラインで初めてボーイング787型機を発注した「ザ・ローンチ・カスタマー」として、当社がエアラインとして培った経験やお客様のニーズを新しい航空機に反映させるため、ボーイング787型機の開発計画に積極的に参画しております。今後も航空機の運航における安全性はもとより効率性や快適性を追求し、お客様に「あんしん・あったか・あかるく元気」なサービスを提供してまいります。


B787はすごく新しい機体だからまだしも、777-300ERでこのシステム(といってもマニュアルの電子化ですが)の導入が日本初なのは快挙ではないでしょうか?最近では電子図書など書類や文書などが電子化されつつありますが、飛行機のマニュアルは膨大な数があるといわれてます。これは歓迎でしょうね(しかもANAはパイロットがマニュアルを盗みオークションで売ってたと言うこともありましたので)

「旅客機の受注・納入情報-マレーシア航空の機材受領 04年11月23日」によると、マレーシア航空では既にこの機能を搭載したB777-200ERが就航しています。

ブログランキングにご協力お願いします


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 17:56 2007年05月09日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ボーイング787にエレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)を導入 [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

「介護割引」の設定について

ANAプレスリリースより

「介護割引」の設定について
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-050.html

ANAは、本日2007年4月16日(月)に、2007年7月〜9月ご搭乗分の「介護割引」の設定について、国土交通省に届出を行いました。
 「介護割引」は、介護保険の要介護認定を受けた方のご家族を対象に、介護する方と介護される方の最寄の空港を結ぶ1路線が割引となる運賃です。
 離れて暮らすご家族の介護にANAの「介護割引」をどうぞご活用ください。
 設定概要は次のとおりです。


1.「介護割引」の概要

(1)設定期間 : 2007年7月1日(日)〜9月30日(日)
(適用不可期間はありません)
(2)対象路線 : ANA国内線全路線のうち、介護される方の住所と介護する方の住所の最寄の空港を結ぶ1路線
(直行便がない場合は、全旅程でANA路線をご利用いただければ指定された経由地での乗り継ぎ便のご利用が可能です)
(3)運賃額 : ご搭乗日の片道運賃の約35%割引
(4)対象となる方 : 介護保険の「要介護」(要介護1〜要介護5)被認定者のニ親等内の親族、配偶者の兄弟姉妹の配偶者ならびに子の配偶者の父母
要介護被認定者お一人様に対して2名様まで
(5)主な適用条件 :
・ ご予約・ご購入時およびご搭乗手続き時には、事前に発行された「ANA介護パス」の提示が必要です。
・ 搭乗日の2ヶ月前から当日までご予約いただけます。ご希望便に空席があれば予約変更が可能です。
・ 航空券のお支払い期限は、予約日を含め3日以内です。但し、予約日が搭乗日の2日前以降は、出発時刻20分前までにご購入ください。
・ 航空券購入後の取り消しに際しては、所定の取消手数料が必要です。
・ 「介護割引」を利用できる座席数は、便ごとに限りがあります。(便によっては設定のない場合がございます)


2.「介護パス」の発行について

・ 「ANA介護パス」のお申込みは、「ANA介護パス発行事務局」(以下、「事務局」)にて郵送で受付いたします。
・ 必要な書類(※1)と介護パス申請用紙(※2)を同封して事務局宛にご郵送ください。(弊社カウンター、旅行会社ではお取り扱いいたしませんのでご注意ください。)
・ 書類の受領後、2週間程度で「介護パス」を発行し、事務局から返送させていただきます。
・ 「ANA介護パス」の発行は無料です。有効期間は、発行日から1年後の同日までとなります。
・ 「ANA介護パス」要介護被認定者1名様につき2名様分まで発行いたします。


※1 「ANA介護パス」お申込み時の必要書類
・ 介護される方が要介護被認定者であることを証明する介護保険証のコピー
・ 介護する方と介護される方の関係を証明する戸籍謄本または戸籍抄本(コピー不可)
・ 介護する方ご本人の現住所を証明する公的書類(住民票、運転免許証のコピー等)
・ 介護する方ご本人の写真(3×3cm) 1枚


※2 介護パス申請用紙について
申請用紙は、ANAホームページよりPDF形式のファイルでダウンロードできます。
 <URL>  http://www.ana.co.jp/kaigo-pass/
ANA国内線カウンター(市内・空港)でもご用意しております。



続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 17:24 2007年04月16日 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
「介護割引」の設定について [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

20周年特別塗装機の名称が決定 『FLY!パンダ』&「ANA’S CHINA YEAR」さらなる日中友好の架け橋に!

ANAプレスリリースより

20周年特別塗装機の名称が決定 『FLY!パンダ』
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-048.html

ANAグループは、日中国交正常化35周年と中国線就航20周年を記念して、2007年を「ANA’S CHINA YEAR」と称し、様々な活動を展開してまいります。その一環として、2007年8月を目処に特別塗装機ボーイング767型機1機を北京線や広州線などの中国線に就航する予定ですが、この度日本の小学生以下の子供たち、約6000点におよぶ応募作品の中から、厳正なる審査の結果、特別塗装機に「FLY!パンダ」と名づけることにしました。選定の理由は、親しみやすいこと、ANAのイメージに合うことなどです。
 日中友好の架け橋となる「FLY!パンダ」は、機内サービスも充実、パンダをモチーフに枕、ヘッドレストカバー(いずれも当該機材のみ)、エプロン、紙コップ、お箸袋、カクテルナプキン、おつまみなどにより、中国線における多彩な機内サービスを予定しています。2007年5月1日から客室乗務員もANA20周年ロゴとパンダをモチーフにしたバッジをつけて、日中国交正常化35周年、ANA中国線就航20周年を盛り上げてまいります。
 いままでも、またこれからも、ANAは、日中友好の架け橋となるよう努力してまいります。


「ANA’S CHINA YEAR」さらなる日中友好の架け橋に!
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-049.html

ANAグループは、日中国交正常化35周年、ANA中国線就航20周年を記念して2007年を「ANA’S CHINA YEAR」と称し、様々な活動を展開してまいります。弊社2代目社長である故岡崎嘉平太の意志を引き継ぎ、「日中友好の架け橋」となるべく、特に航空運送事業では、中国線の生産力を増強、また社会貢献事業の観点から、ANA中国線就航10周年および15周年に寄贈している全日空藍天希望小学校2校の児童を対象とした活動を計画、実施してまいります。


●中国線の生産力増強
1.「成田=北京線」の大型化を計画

2007年8月から9月の間、現行のボーイング767−300ER(216人乗り)より、大型機への変更を計画します。

2.日中複数都市間でチャーター便運航を計画

2007年8月から11月の間、日中複数都市間でチャーター便運航を計画します。11月には、ANA中国線就航20周年記念チャーターも実施、成都などに運航する予定です。

●文化・交流事業
1.2007年世界華商大会に協賛

1991年にスタート、2年に一度開催され、第9回を迎える世界華商大会。2007年9月に日本(神戸)で初めて行われることになりました。ANAはその趣旨に賛同し、協力してまいります。

2.北京マラソン、大連マラソン、杭州ウォーキング大会が2007「日中文化・スポーツ交流年」の公式事業として認定

1988年から協賛している「大連マラソン」、2004年から協賛している「北京マラソン」、「杭州ウォーキング大会」ともに現在ではメインスポンサーですが、さらなる人的交流を深めるために、2007「日中文化・スポーツ交流年」の公式事業として認定されました。

●全日空藍天希望小学校との交流事業
1.全日空藍天希望小学校の児童を対象に北京空港にて機体見学会を開催
2007年8月8日、北京空港に到着するANAの機体見学会を行います。併せて到着する特別塗装機「FLY!パンダ」の外観も見学する予定です。

2.全日空藍天希望小学校の児童を対象に定期的な航空教室を開催
2007年度、ANA中国就航20周年を機に、定期的な航空教室を全日空藍天希望小学校にて開催します。運航乗務員、客室乗務員、整備士などが同校を訪れ、子供たちといっしょに交流を深めます。

いままでも、またこれからもANAは「日中友好の架け橋」となるよう努力してまいります。ご期待ください。
続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 16:58 2007年04月16日 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
20周年特別塗装機の名称が決定 『FLY!パンダ』&「ANA’S CHINA YEAR」さらなる日中友好の架け橋に! [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

微笑みの国「タイ」の子供に大空からプレゼント!

ANAプレスリリース

微笑みの国「タイ」の子供に大空からプレゼント!
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-045.html

 ANAグル−プでは、来る4月17日(火)から4月24日(火)の8日間、微笑みの国「タイ」の子供4名(男児2名・女児2名)を日本に招待し、日本人との交流や日本文化の学習・体験などを通じた「次世代への友好の架け橋」をプレゼントいたします。

 これは、ANAグループ社員が自由に企画し、役員に提案する制度「バーチャルハリウッドプログラム」の1つとして、ANAセールス北海道の女性社員が“世界をつなぐANAが国境を越えたプレゼントを子供達に贈り、相互理解の架け橋となりたい”との想いから提案したもので、『ANA サンタクロース プロジェクト』と名付けました。

 2004年からスタートした「バーチャルハリウッドプログラム」には、毎年数十件の企画が提案され、今年2月に開設した「ANAグループ安全教育センター」の設立や社会奉仕グループ「ANAすずらんクラブ」の結成など約20件が実現しています。

 第1回『ANA サンタクロース プロジェクト』で来日するのは、タイ国外に出ることはもちろん、飛行機に乗るのも初めてのクンスントーン君(11歳、特技:ムツゴロウ小物作り)、カラム君(12歳、特技:タイ伝統舞踊)、チャイマラーさん(14歳、特技:北部伝統楽器演奏)、チョーリーさん(14歳、特技:タイボクシング)の4名で、NGO財団法人オイスカの協力を得て実現いたしました。

 今年、日本と修好120周年を迎えた微笑みの国からの「小さな親善大使」の交流スケジュールは以下のとおりとなっています。

・ 東京都八王子市『私の青空 羽田空港・夕やけ小やけオイスカの森』にてボランティアと交流
・ 大相撲「玉ノ井部屋」にて日本の国技「相撲」の見学・体験
・ 「地球市民かながわプラザ」にて地元の子供達と交流
・ 「キッザニア東京」にてお仕事体験
・ 羽田空港「ANA機体メンテナンスセンター」にて航空機見学
・ 東京都大田区「児童館」にて地元の子供達と交流


 ANAグループは、企業の社会的責任として、今後とも『私の青空』環境貢献活動とともに社会貢献活動を推進してまいります。

以上



続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 18:14 2007年04月12日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
微笑みの国「タイ」の子供に大空からプレゼント! [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

6月1日より、SFJ・ANA国内線共同運航(コードシェア)を開始

ANAプレスリリースより

6月1日より、SFJ・ANA国内線共同運航(コードシェア)を開始
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-ana-sfj0412.html

株式会社スターフライヤー(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:堀 高明、以下SFJ)と全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山元峯生、以下ANA)は、2007年6月1日(金)搭乗分より、SFJが羽田=北九州間で運航する1日10往復20(※1)便において、国内線共同運航(以下コードシェア)を行うことを合意し、本日4月12日に国土交通省に申請いたしました。
 SFJとANAは2006年2月に2社間における業務委託基本契約を締結し、航空券予約システム(able)や訓練施設の賃貸などを行ってきましたが、今般新たにコードシェアを行うことにより、お客さまの選択の幅の拡大、SFJ−ANA間のスムーズな乗り継ぎが可能となります。
 SFJ、ANAは、お客様の利便性向上に向け今後もより一層努力を続けて参ります。
 なお、当該便はSFJによる運航のため、ANAでご予約のお客様についても、羽田空港第1ターミナルでの出発、到着となります。

(※1):SFJ93便/SFJ70便はコードシェア対象外です。



1.コードシェア開始によるお客様の利便性向上

ANA
2007年6月1日より、北九州に路線が拡がります。
 SFJ運航の20便にANA便名を付与することにより、ANAのネットワークに東京−北九州路線が加わります。ANAが北九州に就航するのは1983年以来のこととなります。
 ANA便名にて航空券をお求めの場合は、ANAマイレージクラブの会員のお客様へマイルが積算されます。



2.予約から搭乗までのお客様の利便性向上

SFJ/ANA
羽田空港第1ターミナル、」北九州空港に自動チェックイン機を配置
 コードシェア開始を機に、2007年6月1日より、羽田空港第1ターミナルおよび北九州空港のSFJカウンターに自動チェックイン機を配置します。これにより、航空券ご利用案内書等の2次元バーコードによる航空券ピックアップが可能になる等、当該便ご利用のお客様のスムーズな搭乗手続きが可能となります。また、東京モノレール浜松町駅、京急品川駅、Y−CATに設置している自動チェックイン機でのチェックインも可能になり、さらに便利になります。

SFJ/ANA便の乗り換え、乗り継ぎが便利に!!
 2007年6月1日搭乗分より、大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引運賃、身障者割引運賃については、SFJ/ANA便相互間で、各社がそれぞれ設定する運賃の差額払い戻し/お支払いのみで相互に搭乗することができます。
 あわせて、SFJ/ANA便を乗り継ぎされる場合、最終目的地までのチェックインと手荷物のお預かりが可能となり、スムーズな乗り継ぎが可能となります。(SFJ運送約款の変更許可が前提となります。)


以上


続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 17:54 2007年04月12日 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
6月1日より、SFJ・ANA国内線共同運航(コードシェア)を開始 [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

福原愛選手がANA所属に

ANAプレスリリースより

福原愛選手がANA所属に
http://www.ana.co.jp/pr/07-0406/07-038.html

ANAは、本日、2007年4月3日(火)に、福原愛選手と所属契約を締結いたしました。2005年度および2006年度に、ANAは福原愛選手とスポンサー契約を結んでおりましたが、ANAの所属になるのは、今回がはじめてです。

 具体的には、福原愛選手が試合のために海外渡航する際の輸送協力等全面的にバックアップするとともに、ANAの顔として、宣伝広告をはじめとしたイメージアップに活躍していただく予定です。

 2007年は、日中国交回復35周年であり、ANAにとっては、1987年4月16日にANAで始めての中国線(北京線)が就航して、20周年に当たる年です。中国にも多くのファンを有し、2008年の北京オリンピックに向けて活躍、日中の架け橋である福原愛選手の存在は、中国路線に力を入れていくANAのイメージに合致いたします。

 2007年のANA’s CHINA YEARを、福原愛選手とともに盛り上げてまいりますので、どうぞご期待ください。


4月1日に早稲田大学に入学した福原愛選手。今度はANA所属選手となりました。
高校時代はミキハウス、教育関連事業のグランプリ所属だったのですが、ANAともスポンサー契約を結んでいました。






ブログランキングにご協力お願いします


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 14:48 2007年04月04日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
福原愛選手がANA所属に [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

新会員組織「ANAマイレージクラブ『旅達(たびだち)』」を4月1日より設立します!

ANAプレスリリースより

新会員組織「ANAマイレージクラブ『旅達(たびだち)』」を4月1日より設立します!

http://www.ana.co.jp/pr/07-0103/07-035.html

ANAは、4月1日(日)より、ANAマイレージクラブ内に新たな旅行会員組織「ANAマイレージクラブ『旅達(たびだち)』」を設立し、募集を開始します。
 「ANAマイレージクラブ『旅達』」は、入会金・年会費無料でANAマイレージクラブ会員の方であればどなたでも入会することができます。  『旅達』会員を対象にANAホームページ(www.ana.co.jp)やeメールを通じて、会員限定の旅行商品・サービスなどの販売、提供を行ってまいります。
 また『旅達』会員になっていただくと、通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルを受け取れるキャンペーンなどの会員限定のおトクな特典を設定いたします。
 ANAでは今後も会員サービスの充実を図り、お客様へ魅力のあるサービスを提供してまいります。どうぞANAの新たなサービスにご期待ください。



ANAマイレージクラブ『旅達』(たびだち)概要



1. 会員名称
ANAマイレージクラブ『旅達』(たびだち)

2. 会員資格
ANAマイレージクラブ会員資格を有する日本在住会員
※ eメールアドレスの登録は必須(携帯メールアドレス不可)
※ ANAマイレージクラブ非会員は『旅達』と合わせて、ANAマイレージクラブへの入会が必須

3. 募集開始日
2007年4月1日(日)より

4. 入会方法
ANAホームページ(www.ana.co.jp)からのみ入会受付となります。



5. 会員特典
(1) 旅行商品(国内・海外ツアー)を中心に会員専用商品を販売

(2) お客様のニーズに添ったお得な旅情報などをホームページやeメールを通じて提供

(3) 【キャンペーン】『旅達』入会後、ご旅行いただくとおトクな搭乗ボーナスマイルをプレゼント
(キャンペーン期間:2007年4月1日(日)〜12月31日(月)搭乗分まで)
ANA国内線往復 500マイル(片道250マイル) *対象運賃 旅割、超割、個人包括旅行割引運賃
(ANAセールス主催のツアー商品のみ)
ANA国際線往復 1000マイル(片道500マイル) *エコ割(エコ割21、エコ割14、エコ割7、エコ割週末ステイ)
包括旅行運賃(ANAセールス主催のツアー商品のみ)

* 『旅達』会員の方が、ANA SKY WEB、ANA SKY MOBILE、ANA予約・案内センターおよびANAマイレージクラブ旅達ツアーデスクにて予約・購入のうえご搭乗いただいた場合。


(4) 【キャンペーン〈予告〉】〜貯まったマイルをおトクに使えます〜
(キャンペーン期間:2007年7月1日(日)〜2008年3月31日(月)ご決済分まで)
1,000マイル=1,000円単位でANAの国内・海外パッケージツアーをANA SKY WEBならびにANAマイレージクラブ旅達ツアーデスクにてご購入いただく際にご利用いただけます。
* 会員ご本人様のツアー代金にのみご利用いただけます(1決済で1人1回のみ。かつ、1回のご旅行で、国内4,000円分、海外8,000円分までとなります)

※詳細は6月下旬にANA SKY WEBにてお知らせいたします。

(5) 入会キャンペーン
「旅達、はじまる」キャンペーン
キャンペーン期間中(2007年4月1日(日)〜5月31日(木)入会分まで)、『旅達』にご入会のお客様には、Edy500円分をプレゼントいたします。
* 2005年1月〜2007年9月までにANAマイレージクラブのマイル口座にマイルを積算いただいていることが条件となります。


  その他、詳細は4月1日以降、ANAホームページ(www.ana.co.jp)にてお知らせいたします。


続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 06:38 2007年03月31日 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
新会員組織「ANAマイレージクラブ『旅達(たびだち)』」を4月1日より設立します! [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANAとヴァージン アトランティック航空は包括提携に合意しました

ANAプレスリリースより

ANAとヴァージン アトランティック航空は包括提携に合意しました

http://www.ana.co.jp/pr/07-0103/07-ana-atlantic0327.html

 ANAとヴァージン アトランティック航空は、包括的な提携について、昨日ロンドンにて合意いたしました。
 ANAとヴァージン アトランティック航空は、2003年6月よりマイレージプログラムで提携を行っておりますが、今後さまざまな提携を行っていく予定です。
 今回の提携では、日本と英国を往復されるお客様が、ANAとヴァージン アトランティック航空を組み合わせてご利用いただける割引運賃を、従来のエコノミークラス正規割引運賃に加え、4月1日(日)旅行開始分より、ビジネスクラス正規割引運賃、プレミアムエコノミーシートをご利用いただける運賃に拡大いたします。

さらに、2006年9月から開始している世界一周運賃についても、ご利用いただける運賃を、従来のエコノミークラス、ビジネスクラスに加え、4月1日(日)発券分より、プレミアムエコノミーシートをご利用いただける運賃にも拡大いたします。

 マイレージ提携により、どちらの航空会社を利用しても、ANAマイレージクラブの会員、またはヴァージン フライングクラブの会員の方はマイルが貯まります。
 今回の提携により、お客様の選択肢が拡がり、より便利にご利用いただけます。

 また、ANAとヴァージン アトランティック航空は、インターラインeチケットの契約を締結、2007年中には、お客様が1つのeチケットで両方の航空会社を利用でき、より簡単便利になります。

 このたびの提携を記念して、4月1日(日)より5月31日(木)までの期間中に応募いただいた方の中から、東京=ロンドンの往復ペアチケットが、抽選で20組40名様にあたるキャンペーン「ANA&ヴァージン フレンドシップ キャンペーン」を両航空会社のホームページで開始いたします

ANAとヴァージン アトランティック航空は、より多くのお客様にご利用いただけるよう、今後コードシェアを含めた提携関係の強化を目指してまいります。


続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 20:24 2007年03月27日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANAとヴァージン アトランティック航空は包括提携に合意しました [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANA、高島屋及びヤマダ電機の2社との間で、マイレージとポイントの相互交換サービスを開始!

ANAプレスリリースより

ANA、高島屋及びヤマダ電機の2社との間で、マイレージとポイントの相互交換サービスを開始!

http://www.ana.co.jp/pr/07-0103/07-033.html

 全日本空輸株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:山元峯生、以下 ANA)は、株式会社高島屋(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 鈴木弘治)、株式会社ヤマダ電機 (本社:群馬県前橋市、代表取締役社長 山田昇)の2社との間で、顧客満足を高め、新規需要の拡大を図ることを目的として、会員組織「ANAマイレージクラブ」と「タカシマヤカード《ゴールド》」・「ヤマダポイント」とのポイント相互交換サービスをスタートします。
 7&iホールディングスの「アイワイカードポイント」との提携を含め(発表済み)、流通最大手3社との今回の提携により、ANAマイレージクラブの魅力はますます高まります。



1. 高島屋との提携の概要

(1) 2007年4月2日(月)より、ANAマイレージクラブ(以下AMC)のマイルとタカシマヤカード《ゴールド》のポイントの相互交換を開始します。
AMC会員のお客様は、10,000マイルを10,000ポイント(10,000円相当)【※1】に換えることが、タカシマヤカード会員のお客様は2,000ポイントを500マイルに、さらにタカシマヤカード《ゴールド》会員のお客様は10,000ポイント交換の際は4,000マイルへと交換率がさらに良くなります。
【※1】 タカシマヤカード《ゴールド》会員のみ。
(2) タカシマヤカード《ゴールド》会員のお客様がANA便搭乗時に、基本マイルの10%をボーナスマイルとして加算します。(※AMCへの加入および事前のサービス登録が必要です)
今後は、ANAグループであるANAセールス旅行商品のタカシマヤカード会員に対する特別販売などを含め、さらにサービスの充実を図っていきます。
なお、高島屋(一部店舗を除く)でのANAカードによるクレジット購入では100円につき1マイル付く、ANAカードショッピングアルファは既に導入されています。

2. ヤマダ電機との提携の概要

(1) 2007年4月23日(月)より、AMCのマイルとヤマダポイントの相互交換を開始します。
AMC会員のお客様は、10,000マイルを10,000ポイント(10,000円相当)に換えることが、ヤマダポイントのお客様は4,000ポイントを1,000マイルに交換いただくことが可能になります。
1,500万人のAMC会員と家電量販店最大規模のポイント会員数を誇るヤマダポイント会員の相互ポイント交換により、両社プログラムの魅力が飛躍的に高まります。

(2) AMC会員が10,000マイルでバッグなどの特別アイテムと交換できる「ANAセレクション」へのヤマダ電機商品の導入も検討していきます。




続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 19:56 2007年03月26日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANA、高島屋及びヤマダ電機の2社との間で、マイレージとポイントの相互交換サービスを開始! [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

スターアライアンス10周年キャンペーンの実施について

ANAプレスリリースより

スターアライアンス10周年キャンペーンの実施について

ANAわかりやすいニュース配信より

日本地区限定 スター アライアンス10周年記念キャンペーンがスタート

スターアライアンスは1997年5月に結成されてから今年で10年になります。
10周年関連キャンペーンは今の所日本だけなのでしょうか?
3月1日よりスターアライアンス日本語WEBサイト内にスペシャルサイトが開設され、エアチケットやオリジナルグッズが当たる2つのプレゼントキャンペーンが行われています。
続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 10:16 2007年03月05日 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
スターアライアンス10周年キャンペーンの実施について [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ITを活用した新たな広報活動の展開について

ANAプレスリリースより

ITを活用した新たな広報活動の展開について

2007年2月28日(水)に、WEB上でブログ機能を活用し、写真画像などを多く盛り込んだANAに関するニュース解説サイトを開設しました。プレスリリースだけではお伝えできなかった、記者発表会、イベント、航空教室の内容やプレスリリース後の状況などを盛り込んでいく予定です。

ANAわかりやすいニュース配信

また、この日からANAのプレスリリースが刷新し、12のカテゴリー(国内運賃、国際運賃、貨客実績、サービス全般、マイレージ、他航空会社連携、決算・株式・経営、採用・人事、機材・ダイヤ、CSR・環境、貨物、その他)に分類分けされました。

ブログランキングにご協力お願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 17:04 2007年02月28日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ITを活用した新たな広報活動の展開について [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANAと南アフリカ航空のコードシェア開始について

ANAプレスリリースより

ANAと南アフリカ航空のコードシェア開始について

4月22日からANAが運航する関西=香港線(週7便)に南アフリカ航空の便名を付与、南アフリカ航空が運航する香港=ヨハネスブルグ線(週7便)にANAの便名を付与することにより、日本とアフリカの航空会社間では唯一となる提携ネットワークが、日本と南アフリカを結びます。
南アフリカ周辺には、世界三大滝のひとつであるヴィクトリアの滝、自然保護区として世界的に有名なクルーガー国立公園やケープタウンなどの観光地が点在しており、雄大な自然を満喫することができます。2010年には、南アフリカでサッカーワールドカップが開催される予定であり、今後南アフリカへの旅行需要は大きな増加が見込まれています。また、新たな経済新興国として注目を集める南アフリカには、日本から多くの企業が進出しており、日本に支社を置く南アフリカの企業も増えております。こうしたことから、ビジネス面での交流も発展が期待されます。

続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 16:58 2007年02月28日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANAと南アフリカ航空のコードシェア開始について [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANA中国線就航20周年を記念して特別塗装機就航(とANA中国線就航20周年キャンペーン)

ANAプレスリリースより

ANA中国線就航20周年を記念して特別塗装機就航

ANAグループは、2007年4月16日(月)に就航20周年を迎える中国線を記念して「ANA’S CHINA YEAR」と称した様々な活動を展開していきます。その一環として、2007年8月、特別塗装機としてボーイング767型機1機を中国線に就航します。就航に伴い、日本の小学生までの子供たちを対象とした特別塗装機の「名付け親」を募集します。発表は1987年4月16日(木)に成田−大連−北京線が就航した日にちなみ、4月16日(月)に行います。詳しい募集概要は次のとおりです。

ちなみに成田〜大連〜北京線は今では「大連線」「北京線」と別々になってしまってるんですよね。大連へのフライトをいち早く就航させたのもANA(と当時の中国民航)でしたし。

■ 応募資格
日本国内在住の小学6年生までのお子様(2007年3月末日まで小学生のお子様は応募可能)
■ 応募方法
インターネットまたは封書にてお送りください。
※ ANA SKY MOBILEからの応募はできません。
◆ 封書の場合:
応募用紙、原稿用紙等に、特別塗装機の愛称(20字以内)、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号、学年、保護者名と、愛称を考えた理由を30字以内で書いてください。
◆ インターネットの場合:
下記応募先アドレスから、応募フォームに必要事項を記入してください。
※ 応募にあたっては、インターネットで必要事項をご確認ください。
■ 応募期間
封書の方:2007年2月24日(土)〜2007年3月24日(土)(当日消印有効)
インターネットの方:2007年3月1日(木)〜2007年3月24日(土)

■ 賞品
◆ 最優秀賞 1名
・B767−300ER 1/100特別塗装モデルプレーン進呈
・ANAハローツアーで行く“パンダ旅(成都・臥竜)3泊4日
・成都パンダ園のパンダに特別塗装機愛称と同じ名前がつきます。(一年間の命名権)
・特別塗装機に名付けた愛称が入ります。

その他詳しいことはリンク先でご確認ください。

続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 16:20 2007年02月20日 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANA中国線就航20周年を記念して特別塗装機就航(とANA中国線就航20周年キャンペーン) [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANAのマイルとアイワイカードポイント交換開始!

ANAプレスリリースより

ANAのマイルとアイワイカードポイント交換開始!

2007年2月16日(金)より、ANAマイレージクラブ(以下AMC)のポイントをアイワイカード(以下IYC)のポイントへの交換を先行してスタートさせ、2007年4月1日(日)より、両社ポイントプログラムの相互交換サービスを開始します。
 AMC会員は、10,000マイルを10,000ポイント(10,000円相当に換えることが(交換にあたっては上限の設定があります。)、IYC会員は、3,000ポイントを1,000マイルに換えることが可能になります。
 なお、4月はポイント交換開始キャンペーン期間として、3,000ポイント⇒1,000マイル交換時にボーナスマイルとしてさらに500マイルのプレゼントがあります。

続きを読む

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 18:14 2007年02月15日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANAのマイルとアイワイカードポイント交換開始! [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

早稲田大学とANAが「連携プログラムに関する基本合意書」を締結

ANAプレスリリースより

早稲田大学とANAが「連携プログラムに関する基本合意書」を締結

早大理工学術院とANAグループは、基本合意書に基づき、早大に新設される基幹理工学部機械科学・航空学科を中心として、教育・人材育成プログラムおよび研究交流・共同研究プログラムを双方の組織的な連携のもとに進めていきます。教育・人材育成プログラムにおいては、同学科や大学院基幹理工学研究科へANAグループから航空の現場で活躍する技術者が講師として派遣され、最先端で実践的な授業の展開が期待されます。また、研究交流・共同研究プログラムにおいては、航空分野での様々な課題に対する共同研究の実施が期待されます。

 早大は2007年10月、創立125周年を迎えます。「グローカル・ユニバーシティーの実現」をメインコンセプトとして、国内外に一層開かれた大学を目指して、学部・大学院の質的向上、教育・研究ネットワークの構築のための全学的な改革を推進しています。
 また、早大理工学術院は、2008年の創立100周年に先立ち、2007年4月に現在の理工学部・理工学研究科を、基幹理工・創造理工・先進理工の3学部・研究科へと再編し、うち基幹理工学部に機械科学・航空学科を設置いたします。同学科においては、先に包括協定を締結したJAXA(宇宙航空研究開発機構)との連携も含めて、機械工学分野の基礎的理論の研究・教育のみにとどまらず、航空宇宙工学分野への応用的研究と実践的教育を推進していきます。

ANAは東海大学に続き、早大とも産学連携プログラムを展開していくこととなりました。何はともあれ、航空技術を学びたい人には朗報かもしれません。

ブログランキングにご協力お願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 07:45 2007年02月02日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
早稲田大学とANAが「連携プログラムに関する基本合意書」を締結 [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

ANAがエアライン・オブ・ザ・イヤー 2007を受賞

ANAプレスリリースより

ANAがエアライン・オブ・ザ・イヤー 2007を受賞

ANAはアメリカのエア・トランスポート・ワールド誌で、「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2007」に選ばれました。エア・トランスポート・ワールド誌は、1964年に設立された民間航空業界の月刊誌で、1974年から毎年、顕著な実績のあった航空会社を選び表彰しています。今回受賞する「エアライン・オブ・ザ・イヤー」は世界の民間航空業界では、最も栄誉のある賞のひとつです。
今回の受賞は、ANAがコスト構造改革を断行し、SARSや燃油高騰、日本の航空業界の再編などの環境を乗り越え、強力な財務パフォーマンスを達成したこと、弛まぬ安全への取り組み、優れたプロダクトの導入、スターアライアンス各社とともに移転した、成田空港第1ターミナル南ウイングでのセルフチェックインやラウンジサービス等の先進的な旅客サービスの提供、世界の航空会社に先駆けボーイング787の導入を決定したことなどが、受賞理由として挙げられています。
受賞式は、2月21日(水)にワシントンDCのマリオット ワードマンパーク ホテルで行われる予定です。

ちなみに昨年はキャセイパシフィック航空が受賞しました。


ブログランキングにご協力お願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 15:37 2007年01月29日 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
ANAがエアライン・オブ・ザ・イヤー 2007を受賞 [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

2007年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定

ANAプレスリリースより

2007年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定

まず、国内線の休止、減便については「<ANA>4路線廃止を当面見送り 地元の反対で」に譲るとして、ここでは国際線の機材変更と機材計画について語って行きます。

今年の5月24日からANAが運航する欧州路線で初めて、B777-300ER型機を成田=ロンドン路線に投入し、快適性をより向上させるとともに収益性の向上を図ります。 その一方で、中部〜上海路線と成田〜アモイ路線で使用しているB767-300ER型機をA320型機に小型化されます(但し2クラス制は維持されますが)。

その他機材計画の中で「退役計画」に「B767-300ER」が1機入ってました。ANAのフリートで大多数を占めるB767-300が導入されてから今年で20年になりますが、国内線で使われている方ではなく、国際線で使われているER型を先に1機退役させるようです(ちなみにB767-300ER型は1989年に導入)。

よろしければクリックを・・・

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
にほんブログ村 経済ブログへ

ブログランキングくつろぐ
posted by ☆組原理主義SAKAE at 16:38 2007年01月26日 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ANAプレスリリース このエントリーを含むはてなブックマーク| 編集(管理者のみ)

この記事へのリンクタグ
2007年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定 [☆組ウォッチャーとAMC活用日記  2005年(再)第2号]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。